週刊文春 電子版

岩下の新生姜社長が語るアマゾンへの抗議と全身ピンク

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

「転売による価格アップを規制する必要はない。そこは自由であるべき。ただ、今回の件はお客さんからすると“騙し”に近い。見過ごせないと思って声を上げたのです」

 そう語る男性のピンクの髪の毛は逆立っていた――。

「♪いわしたのっ新しょーが!」のCMでお馴染みの岩下食品は1899年創業の栃木県の漬物メーカーだ。

「1987年に生まれた代表商品『岩下の新生姜』は、スライスや千切りなど様々な加工品を含めると50以上のアイテムを展開。国民的知名度は東海漬物の『きゅうりのキューちゃん』と双璧です」(食品業界記者)

慶大卒、元都銀バンカーの岩下社長

 その老舗が“事件”に巻き込まれたのは5月8日のこと。冒頭のように語るのは同社の四代目社長・岩下和了(かずのり)氏(55)である。一体何が起きたのか。

「私は2011年からツイッターで自社商品の“エゴサーチ”を行っています。商品にコメントして頂いてる方に毎日1000件は『いいね』を送るのが習慣で、スマホのやりすぎで腱鞘炎になったほど。あの日もSNSを見ていたんですが、異常な価格でウチの商品を販売している業者を発見したんです」(岩下社長)

 件の業者はアマゾンに登録し、生姜のみじん切りとすりおろしをオリーブオイルなどに漬けた商品『やみつき岩下の新生姜』を1瓶2280円で販売していた。ところが岩下食品の通販では429円(税込)が“定価”。約5倍の値付けは正に暴利である。

高額転売された「やみつき岩下の新生姜」

「実は5月7日に『所さんお届けモノです!』(TBS系)という番組で紹介して頂いたばかり。業者はそれを見て購入意欲を持った方を狙った『転売ヤー』でした。『やみつき』はリニューアルしたばかりの商品で、お客さんも馴染みがない。2280円という価格に疑問を持たない方が気の毒だと思い、抗議するべくアマゾンに改善依頼を送って、業者には警告文をメールしました」(同前)

 業者は即座に対応し、アマゾンから商品を削除。岩下社長の機敏な行動はネットで称賛された。だがその一方で「社長の髪の色が気になりすぎる」といった声が上がったのだ。

 それもそのはず。岩下社長は髪の色、スーツにシャツ、靴、腕時計、マスクに至るまでピンクの“生姜カラー”という装い。社長、一体どうしたんですか!?

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる