週刊文春 電子版

文科省追撃で連帯を

新聞不信

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 あっと驚かせ、なるほどなと唸らせて、これは許せんと憤らせる。それが新聞の醍醐味だとすれば、読売新聞オンラインが12日早朝に配信した「校長除く全教職員が授業取りやめストライキ…和歌山の私立高校、4月分給与未払いで」との記事は、その3点を揃えた良作だった。

 事実自体が驚きだから、余計な筆はいらない。学校法人南陵学園(静岡県)が運営する私立和歌山南陵高校(和歌山県日高川町)で、23人の教職員に給与が所定日までに払われず、労働基準監督署から是正勧告を受けた。

 しかも、授業料を国が補助する就学支援金を受け取っておきながら、法人側は保護者側に授業料計2000万円を還付しておらず、和歌山県から指導を受けていたというのだから開いた口が塞がらない。

 教職員側が還付遅れと給与未払いの両方で説明会の開催を求めたのも当然だ。校長を兼務する理事長は教職員向けの日程は示したが、保護者向けの方は明確にせず、11日にストが決行された。

 波紋を巡るデータも目配りが利いている。県は授業を行うよう求め、教職員側も12日再開の方向で検討していると書く。一方で理事長は取材に対し「現時点では回答を差し控えます」とのコメントを出したとある。

 これをどう見るか、識者らの反応が面白い。北海道大学の佐々木隆生名誉教授が「いくら聖職だといっても無給で働くわけにはいかず、ストライキはやむを得ない手段だったのだろう」と一定の理解を示す一方、大阪教育合同労働組合の関係者は「これほど大規模な教職員のストライキは聞いたことがない」「生徒の学びへの配慮がどこまであったのか」と驚いたそうな。日教組が賃上げ要求や文部行政批判でストを連発した「昭和は遠くなりにけり」ということなのだろうか。

 ただ、白眉は末尾だろう。

 私立高校の教職員給与は都道府県が出す私学助成金から支給されると書き、文部科学省の担当者の言葉で締める。

「学校は収入に見合う人員配置をしているはず。何が起きているのか」

 他人事のようなお役所の反応に憤りを覚えるのは、筆者だけではあるまい。今こそ他紙も、文部行政の親玉への追撃で連帯せよ!

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる