週刊文春 電子版

【写真】田口翔容疑者 4630万円、ブラフを見抜かれて

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

★特集記事を読む

20日早朝に送検が行われたが、田口容疑者の姿は見えなかった 撮影 吉田暁史

 5月20日早朝、山口市山口南警察署から車で一人の男が送検された。田口翔容疑者(24)。4月8日、阿武町職員のミスで4630万円が誤送金され、「ネットカジノで全額使い込んでしまい、返すことはできない」と嘯いていた、あの男である。逮捕容疑は電子計算機使用詐欺罪。公金もそのまま返ってこない……と思いきや騒動は急転直下。24日、花田憲彦町長と代理人の中山修身弁護士が会見し、これまでに法的に4299万円余りを確保したと明かしたのだ。ポーカーで言う“ブラフ”があっさり見破られてしまったというところか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる