週刊文春 電子版

埼玉5歳児虐待死 同居女性は失踪 床下から別人の骨が見つかった

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 埼玉県で実母と二人の同居人が5歳児を虐待死させ、床下に埋めた事件。現場の民家には以前、“主犯”の女の親族がいたが、一人は死亡、二人は行方不明となっていた。“魔窟”で営まれていた異様な集団生活の謎を追う。

〈ちょっと助けてほしい〉

 AさんのスマホにLINEのメッセージが届いたのは、今年1月18日午後9時前のこと。中学と高校を共に過ごした親友の丹羽洋樹(34)からだ。金を無心する内容だった。

丹羽容疑者

 だが、Aさんは知る由もなかった。その日、丹羽たちが暮らす借家で同居人の5歳児が虐待死し、土中に埋められた事実を――。

 今年3月、埼玉県本庄市の借家床下から柿本歩夢(あゆむ)くん(5)の遺体が見つかった事件。5月11日、埼玉県警は歩夢くんに対する暴行や監禁の疑いで、家の世帯主の丹羽、内妻の石井陽子(54)、歩夢くんの実母の柿本知香(30)ら3容疑者を再逮捕した。

石井容疑者
歩夢くんと柿本容疑者

「3人はこの3月に逮捕され、すでに死体遺棄、傷害致死の罪で起訴されています。1月18日に亡くなった歩夢くんの死因は、後頭部強打による脳幹損傷。5月の逮捕では、ワイン樽状の雨水タンクや猫用ケージに閉じ込められるなど、歩夢くんが約1年にわたって受けてきた虐待の一端が詳らかになった」(社会部記者)

 派遣社員の柿本が仲違いした夫から逃げ出し、歩夢くんを連れて丹羽や石井と暮らし始めたのは、昨年1月。冒頭のAさんは、遊びに行った本庄の家で、居候していた柿本母子とも何度か顔を合わせている。「猫用ケージ」にも心当たりがあった。丹羽が得意の“DIY”で作った、2メートルほどあるキャットタワー状の檻だ。丹羽と石井は、虐待された複数の野良猫を保護し、家で飼っていた。そのケージが、よりによって歩夢くんの虐待と監禁に使われていたのだ。

「今思えば、歩夢くんは同年代と比べて、表情の乏しい子でした。大人たちが何か説教を始めると、固まって喋れなくなってしまうんです。虐待の影響だったのかもしれない」(Aさん)

 母親の柿本は「自分で何も決められず、人に流されやすい性格」(知人)だったという。Aさんも言う。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる