週刊文春 電子版

DeNA元社長ベンチャーをクビの理由は送別会セクハラ

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業

〈取締役COO守安功氏(当時)のコンプライアンス規程違反の事実が認められました。(略)臨時取締役会において、辞任勧告を決議し、退任いたしました〉

 ベンチャー企業「タイミー」が突如、そう発表したのは、3月31日のこと。DeNA元社長の「コンプラ違反」とは、一体――。

 日本オラクルを経て、1999年にDeNAに入社した守安功氏(48)。「モバゲータウン」を大ヒットさせ、2011年6月、創業者の南場智子氏(現会長)の後を継ぎ、社長に就任した。10年間経営を舵取りし、昨年6月に退任。その4カ月後の10月、COOに就任したのが、アルバイトのマッチングサービスなどを手掛けるタイミーだった。

南場氏(左)から社長を引き継いだ

「CEOの小川嶺氏は25歳ですが、気鋭の起業家として高く評価されています。18年のサービス開始から3年で約90億円を資金調達。登録者数は右肩上がりで約270万人(4月時点)に及びます。守安氏も就任の際、『“働く”のインフラを作りたい』と意気込んでいました」(ベンチャー企業関係者)

 そんなタイミーが唐突に発表したのが、守安氏の“クビ”だ。その4日後には、家電大手「エディオン」の社外取締役などから退くことも発表されている。

タイミーのプレスリリース

「守安氏はIT業界の有名人だけあって、騒然となった。“色男”として知られ、女性関係も噂されましたが……」(経済部記者)

 退任の真相をタイミーの社員が明かす。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる