週刊文春 電子版

《証拠資料入手》「社員の印鑑を勝手に押して…」FWD生命“違法”がん保険契約を告発する

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ビジネス 企業

「保険会社とその販売代理店が、被保険者の同意を得ず、勝手に印鑑を押してがん保険に加入させていたのです。こんな不正は前代未聞です」

 

 小誌にこう告発するのは、中堅生命保険会社・FWD生命保険に勤務する社員A氏である。

「生命保険ランキング第3位」を謳っている

 FWD生命は全国に13の支社を持ち、従業員数は860名(2021年3月)。2021年3月期決算の売上高は3013億円に上る。1996年に富士生命保険として設立され、2011年にAIG系列の傘下となった後、2017年には香港・FWDグループの完全子会社となった。2021年11月に現在の社名に商号変更している。

 2018年からはオリックス・バファローズのヘルメットスポンサーを務め、2022年シーズンの開幕戦は「Bs本拠地開幕シリーズ2022 supported by FWD生命」として大々的にスポンサードしている。

FWD生命はオリックス・バファローズのヘルメットスポンサーでもある

 今年2月、FWD生命は、金融庁から不適切営業を巡り、販売活動の報告命令を受けている。

「金融庁に問題視されたのは『低解約返戻金型逓増定期保険』という法人向け商品を使った租税の回避行為。いわゆる“名義変更プラン”の営業です。この商品は契約から概ね5年が経過すると解約返戻金が大きく跳ね上がります。そのため、5年が経過する前に、契約の名義を法人から個人に変更させるよう、保険会社が契約者を“指南”します。そして変更後にすぐ保険を解約し、返戻金を受け取る。すると、名義が法人から個人に変わっているため、返戻金は税制上、個人の『一時所得』として扱われます。これは役員報酬などと比べると、所得税負担が軽減されるため、節税効果が期待できる。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる