週刊文春 電子版

安倍派と統一教会「癒着の核心」《統一教会「徹底解剖」》

“名称変更”元文化部長が告発「下村大臣はウソを…」 細田議長の選対本部長は統一教会有力団体の議長だった

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 政治

▶細田議長 地元市議も原理研究会の元事務局長

▶安倍元首相が派閥若手に教団票を割り振り

▶創設者福田赳夫が文鮮明礼賛 達夫オレ様語録

 衆院議員の任期満了をおよそ9カ月後に控えた昨年1月28日。国宝・松江城に程近いホテル「サンラポーむらくも」の会議室には、地元の議員や宗教家らが顔を揃えていた。

 この会合は「島根県平和大使協議会」が主催する松江平和大使フォーラム。会の冒頭、同協議会の議長がこんな挨拶を行った。

「今年は地方議会、市長選挙、総選挙が予定されており、平和大使の責任も大きくなるものと思う」

平和大使協議会のHPより

 発言の主は、島根県議の細田重雄氏。細田博之衆院議長の父のいとこで、長年にわたり、細田氏の衆院選では選対本部長も務めていた“国家老”だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる