週刊文春 電子版

「山﨑浩子」「飯星景子」が手記で明かす 洗脳の手口と脱会が難しい理由

統一教会「徹底解剖」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「統一教会に迷惑をかけて申し訳ない……」

 事件後、山上徹也の母親が漏らした言葉だ。我が子が元首相を殺害してなお、信仰を優先する母の姿は世間を震撼させた。

 かつて小誌は、統一教会の著名信者2人の“脱会手記”を掲載した。飯星景子(92年11月12日号)、そして山﨑浩子(93年4月29日号)だ。その告白は巧妙なマインド・コントロールの方法と脱会の困難さを浮き彫りにする。

 統一教会は最初、正体を明かさずに忍び寄ってくる。92年3月、タレントの飯星は友人のスタイリストに頼まれ、教団のダミー団体が開いたパーティの司会を引き受けた。それがきっかけで統一教会の勉強会に参加。重要なのは、入信する前に人間関係をがっちり固めてしまうことだ。

〈むしろ、私にとって魅力だったのは、そこに集まる女性達であった〉〈その彼女達の共通語こそ、「神様」だったのである〉(飯星)

 

 新体操スクールを運営していたタレントの山﨑も89年、友人を通じて自己啓発の集まりに通い始めた。そこで出会うのは温かく、優しい人ばかりだったという。高額な壺を売りつけ、教祖が結婚相手を決める統一教会には嫌悪感しかなかった。だが、その集まりの“正体”を知らされた時には、もう後戻りができなくなっていたのだ。

〈本当にショックだった。しかし、その時は、もう教えの素晴らしさに魅入られていた頃だった。だから、これが本当にいいものなのか、納得のいくまで聞こうと決心した〉(山﨑)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる