週刊文春 電子版

韓鶴子「女帝の正体」 13歳で文鮮明に見初められ4回帝王切開 14人出産

大特集 統一教会の大罪

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 韓国・北朝鮮

▶13歳で文鮮明に見初められ4回帝王切開 14人出産
▶夫の死で豹変「私が再臨のメシア」4mの彫刻像
▶嫁イビリ 高級デパートで嫁には暗い色のドレス

 2020年9月28日、旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)が本部を置く韓国・清平。この日、大勢の幹部信者らが集まる重要な式典が開かれていた。

細田議長も礼賛した韓氏

 護衛に両手を引かれ、歩いてきたのは、耳に宝玉を提げた高齢の女。司会者が「ハイライトであります」と促すと、女は目の前に置かれたボタンを押した。

 4000個の風船が一斉に空へと放たれ、構造物を覆う布がはぎ取られていく。姿を現したのは、その女を模した巨大な白亜の像。高さ4.3メートルに及ぶ「韓鶴子像」だった――。

 統一教会の教祖・文鮮明氏(享年92)の妻だった韓鶴子総裁(79)。自民党の山本朋広衆院議員からは「マザームーン(文(ムン)のお母様の意とされる)」と讃えられるなど、今では教団の“女帝”として君臨している。

夫で教祖の文鮮明氏

 そんな韓氏は公式の経歴によれば、1943年、平安南道安州に誕生。クリスチャンだった母と祖母に厳格に育てられた一方、父とは幼少時に生き別れたとされている。

 最初の転機は13歳。母が55年12月に統一教会に入信し、翌56年、ソウルの教団本部で文氏と初めて出会ったのだ。母が韓氏を紹介すると、当時36歳の文氏は年端も行かぬ少女を見てこう口走った。

「こんなにかわいい娘がいたんだね」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる