週刊文春 電子版

赤ちゃんを水に浸け、窒息させた 黒いマタニティクリニック 違法中絶を告発スクープ!

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

その医師は、妊婦たちにこう囁きながら違法中絶を繰り返していたという。「これは君の犯罪なんだからね。捕まるのは君だよ……」。小誌に届いた、「黒いマタニティクリニック」に関する情報の数々。2カ月にわたる取材の結果、驚くべき実態が明らかになった――。

 

長らく胸に仕舞い込んでいた思いを打ち明けるのは、産婦人科「太田マタニティクリニック」(以下、太田クリニック)に長年勤務していたA子さんだ。

「母体保護法では、満22週以降の中絶は禁止されています。ところが太田クリニックでは、週数オーバーの妊婦さんの違法中絶が頻繁に行われていました。中には33週や34週の中絶もありました」

 埼玉県日高市。緑豊かな見晴らしのよい地にそびえる太田クリニックは「年中無休、24時間体制」のお産サポートを謳い、地域でも屈指の人気を誇る。2017年に新築された綺麗な建物は、院長が「10億円かかったよ」と自慢するというだけあって、半円状のデザインとガラス張りの開放的な雰囲気が印象的だ。その院長こそ、太田克行医師(77)。元病院スタッフが語る。

太田院長

「開業医として40年以上の実績を持つ、ベテラン産婦人科医です。昭和大学医学部を卒業後、愛育病院、広尾病院での勤務を経て、狭山市に太田産婦人科医院を1977年に開業。2017年には隣の日高市に現在の新クリニックを建設し、移転してきました。現在では地域で一番人気と言っていいと思います」

 この太田クリニックが、今回複数の元スタッフらが告発する「黒いマタニティクリニック」なのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2019年2月14日号

文春リークス
閉じる