週刊文春 電子版

統一教会元会長の息子が実名「訣別宣言」

今も献金圧迫は続いている、韓国の指示には逆らえない

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

★櫻井氏の手記全文はこちら

「日本教会が進めてきた献金、集金のやり方は、明らかに社会的モラルに反するものでした。解決すべき課題だという認識は内部にもあったのですが、お金集めが全てに優先される教団の“狂った組織文化”が変わることはありませんでした」

 実名で証言するのは、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の元幹部・櫻井正上氏(48)だ。

櫻井氏が教団の内情を告発した手記

 櫻井氏は、1998年から約20年間、統一教会の中枢である渋谷区松濤の日本本部に籍を置いた。最終的な肩書きは、信者の家庭や二世教育に関わる要職の家庭教育局副局長。それもただの幹部ではない。父は日本教会第五代会長の櫻井設雄氏(故人)、母は原理講師の節子氏。教団の草創期から活動した大幹部夫妻の息子だったのだ。

 教団のエリートでもあった櫻井氏は、半生を捧げてきた組織となぜ“訣別”に至ったのか。

「日本信徒の過剰な献金負担をはじめ、家庭連合は深刻な問題をいくつも抱えていました。私はそれらの改善を願い、2017年、教団の方針に異を唱えたところ、組織に対する反逆と見なされた。職を解任され、教団を離れることになったのです」(櫻井氏)

 いま小誌の手元に、教団の内情を抉り出した櫻井氏の手記がある。参考資料を合わせると、その分量は2万字以上に及ぶ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月15日号

文春リークス
閉じる