参院選を控えた今年4月、参院議員による支援者への卑猥なセクハラを把握した公明党。

だが、北側副代表は被害女性にこう言ったという。「黙っていてほしい」。そして5月、山口代表も女性に電話で…。

 統一教会を巡り、政治と宗教の関係に注目が集まる中、「クリーンな政治」を掲げる公明党に浮上した女性スキャンダル。支持母体である創価学会の女性信者に悪質なセクハラを行い、トラブルになると入院してしまったという。

「党内外からいろいろな意見や要望をもらっている。今は熟慮を重ねている」

山口代表

 この9月で7期目の代表任期満了を迎える公明党の山口那津男代表(70)が9月2日にこう発言し、波紋を呼んでいる。公明党担当記者が解説する。

「13年の長きに亘って代表を務めてきた山口さんは、本来であれば石井啓一幹事長(64)にその座を譲る予定でした。しかし、今夏の参院選で必達目標に掲げた『比例で800万票、7議席』を大幅に下回る618万票、6議席に終わり、『石井さんでは来春の統一地方選が戦えない』と、支持母体の創価学会から悲鳴が上がっているんです。代表選の告示は9月15日ですから、まもなく最終判断をすると見られます」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年9月15日号