週刊文春 電子版

高井凜容疑者自殺で虚偽説明 府警「検証チーム」も“更迭”

THIS WEEK「社会」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 府警が二重の不手際だ。

 大阪府高槻市で養子縁組をした女性を保険金目当てに殺害した疑いなどで、高井凜容疑者(28)が8月25日に再逮捕された事件。その1週間後の9月1日朝、高井容疑者は府警福島署の留置場でちぎったシャツを金網に掛けて首を括るなどして自殺を図り、同日夜、搬送先の病院で死亡した。府警はそれを防げなかったばかりか、自殺に至る経緯について虚偽説明を重ねていたことが9月7日、発覚したのだ。

署内で自殺した高井凜容疑者(本人SNSより)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月22日号

文春リークス
閉じる