「嫌われた監督」著者を変えた福留孝介の一言

鈴木 忠平
エンタメ スポーツ

 9月8日、今季限りでの現役引退を発表した中日・福留孝介外野手(45)。『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(小社刊)で、史上初めて大宅賞など主要ノンフィクション賞の“三冠”を達成した鈴木忠平氏が、中日番記者時代の福留との秘話を綴る。

引退会見では清々しい笑顔を見せた

 赤坂プリンスホテルのロビーに人影はまばらだった。私は背もたれのないソファに腰かけると、肩に食い込んでいた黒いカバンを磨き上げられた床に下ろした。重量を示すような鈍く大きな音がロビーに響いた。

 2006年3月23日の朝、私は福留孝介を待っていた。第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)に出場した日本代表の選手たちが帰国したのは前日のことだった。凱旋の優勝報告を行った後にチームは解散し、この日からプロ野球開幕に向けて所属球団へ戻ることになっていた。スポーツ新聞の記者だった私は、東京から名古屋へ帰る福留に同行取材するためにそこにいた。

 この春、日本国内はWBCに沸いていた。メジャーリーガーのイチローが初めて日の丸を背負い、王貞治監督の指揮のもと国際大会で優勝をつかむ姿に人々は熱狂した。その渦中で福留も時の人になっていた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年9月22日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる