週刊文春 電子版

多分言っちゃいけないことだけど(DaiGo)|能町みね子

言葉尻とらえ隊 第516回

能町 みね子

連載

ニュース 社会

 去年、メンタリストを名乗るDaiGoは「ホームレスの命はどうでもいい」「人間は(略)群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きてるんですよ」と、差別的どころか殺人教唆に近い発言で大バッシングを受け、「のむシリカ」という水の広告塔の役目を外されたためか慌てて涙ながらに謝罪しました。もちろんこれは彼自身が過去に書いたとおり「譲歩を促す最終手段、それは泣き落とし」という方法論に沿った演技だろうと思うのですが、なぜか茂木健一郎が間を取り持ち、彼は後学のためにホームレス等を支援する団体「抱樸」を紹介されました。抱樸の理事長・奥田知志は「時期を見て抱樸に学びに来ると良い」と優しい声をかけたそうです。

 その後実際にDaiGoが抱樸と接点を持ったかどうかは不明です。でもたぶん連絡してないよね。だって、また同じような発言をしてるし。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる