週刊文春 電子版

半年でアナ6人が退社 東北放送社長の言い分

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ビジネス 企業 働き方 テレビ・ラジオ

「実況を担当していた男性の局アナが辞めていってしまい、正直、プロ野球・楽天戦の生放送が継続していけるのか不安です」

 こう語るのは、東北放送の現役社員である。

 宮城県の東北放送は、tbcの略称で親しまれているTBS系列のテレビ局だ。

新社屋になり仮眠室も綺麗に

「社員数は約160人で筆頭株主は河北新報社。同族経営で河北新報の一力雅彦社長とtbcの一力敦彦社長は兄弟です。今年2月には新社屋がグランドオープンした」(東北放送関係者)

 その東北放送でいま、大問題が発生している。今年3月から8月までで計5人のアナウンサーが退職。9月末にも1人辞め、半年間で6名もの現場のアナウンサーが退職することになるのだ。

「県外出身の女子アナだけではなく、楽天の中継を担当していた男性アナ3人も含まれています」(同前)

 19人中6人と、約3割が辞める“異常事態”。なぜそんなに辞めるのか。アナウンサーたちは「教育分野で働きたい」「子育てに集中したい」などの退職理由を局に伝えていたというが、取材を進めていくと「理由はそれだけではない」(別の社員)という。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる