もらった色紙と禁煙の誓い|ブル中野(プロレスラー)

さらば!アントニオ猪木《猪木と私》

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 スポーツ

「猪木さんからいただいた直筆の色紙は宝物です」

 涙ながらにこう声を震わせるのは、元女子プロレスラーのブル中野(54)だ。

 小学5年生の時、テレビで猪木さんの試合を見て「自分は今まで生きていなかったんじゃないか」と思うくらい激しく心を揺さぶられて、プロレス界に飛び込みました。その猪木さんに初めてお会いしたのは、私が米国のWWFに参戦していた93年頃。住んでいたNYに猪木さんが講演に来られたんです。打ち上げに呼んでもらい、スーツ姿の猪木さんに会ったときは、オーラに圧倒されてしまって。緊張する私に猪木さんは言いました。

「今度、北朝鮮行くか?」

「はい、行きます!」

 それが95年に平壌で開催された「平和の祭典」。猪木さんは会場やレスラーの手配や交渉など裏方仕事をこなしながら、ご自身のトレーニングも毎日欠かさなかった。NYでも平壌でも、ホテルに滞在中、毎朝ランニングに出かける。でも、長年の過酷な試合の影響が身体に出ていました。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年10月13日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる