週刊文春 電子版

スーパーGTから6カ月で撤退 福島日産社長が辞任の理由は参戦資金を”1億6千万円不正送金”

特別背任の可能性も

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ビジネス 企業

「3月に何の前触れもなく社長の交代を告げられました。新社長から『理由は体調不良。それ以外は何もありません』と、わざわざ書いた文書を渡されて。当然『そんなわけねえべ』って憶測は広がったけれど、何も分からなかった」

 

 当惑してそう語るのは、日産自動車の正規ディーラーとして福島県内全域に店舗を展開する「福島日産自動車」の監査役である。

 1938年に設立された福島日産自動車は、社員数約630人、売上高は約190億円(2020年度)の自動車販売会社だ。日産の正規ディーラーではあるが、日産と資本関係は無い。

福島日産本社

「社長は代々金子家が継ぎ、役員のほとんどを金子一族が占める同族経営の企業です」(地元記者)

 その福島日産は今年3月、金子與志人(よしひと)社長(55)が退任し、甥の金子與志幸(よしゆき)専務(35)が社長に就任すると発表した。

「コロナ禍で経営環境が激変した中で、與志人氏が体調を崩し、長期療養が必要と判断して自ら辞任を申し出た、というのが会社の発表でした」(同前)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる