週刊文春 電子版

寺田総務相政治団体の会計責任者は「故人」だった

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 政治

「何度も申し上げている通り、適正・適法に処理をしております」

 10月19日、参院予算委員会。寺田稔総務相は再びそう胸を張ったが……。

岸田派で広島が地盤の寺田氏

 小誌が報じてきた妻・慶子氏が代表の政治団体「以正会」の人件費を巡る“脱税”疑惑。大臣秘書官・迫田誠氏への取材音声などを基に、中坂智明秘書(現公設第二秘書)らに対する報酬の“上乗せ金”を、以正会経由で支払っていたことは源泉徴収を避ける目的があった旨を指摘した。

 これに対し、寺田氏は国会で「秘書を通じてある請負者に支払った」などと答弁。つまり、報酬の“上乗せ金”ではなく、秘書の口座を経由して請負者である別のスタッフに報酬を支払っていたと説明したのだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月3日号

文春リークス
閉じる