週刊文春 電子版

Capital of Hip-Hop(ヒップホップの首都)

町山智浩の言霊USA 第650回

町山 智浩

連載

ニュース 社会 国際

 アメリカ中間選挙の取材で、激戦地ジョージア州に行った。ジョージアといえば『風と共に去りぬ』の舞台で、白人たちは黒人を酷使した綿花農場で莫大な財を成した。現在のジョージア州知事ブライアン・ケンプの祖先もそうだった。

 ジョージアは南北戦争で焼き尽くされ奴隷は解放されたが、KKKが黒人に暴威をふるい続けた。1976年の大統領選では、ジョージアのピーナッツ農場の経営者ジミー・カーターが民主党から当選したものの、その後は共和党がほぼ勝利するゴリゴリの保守王国だった。

 ところが、2018年の州知事選で、民主党の黒人女性候補ステイシー・エイブラムズがケンプに6万票差まで迫った。続く2020年の大統領選では僅差で民主党のバイデンが勝った。ジョージアは変わった?

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月1日号

文春リークス
閉じる