週刊文春 電子版

パワハラ小池晃の警告処分は共産党の「蟻の一穴」になるか

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 共産党ナンバー2の小池晃書記局長(62)が11月14日、ナンバー3の田村智子政策委員長へのパワハラで党常任幹部会から「警告処分」を受けた。

1998年に初当選。参院で当選4回

 5日の党会合で小池氏が地方議員名を間違えたことを司会の田村氏が訂正したところ、小池氏が田村氏に近づき、「間違えていない。訂正する必要ない」などと威圧。その一部始終がツイッターに投稿され、「パワハラだ」と批判が相次いでいた。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月1日号

文春リークス
閉じる