週刊文春 電子版

中高でイジメ、不登校、就職は“補欠” 森保監督の「耐える力」

W杯日本代表の逆転人生

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 昨年11月1日、都内のブラジル料理店。日本代表監督・森保一(54)の激励会を主催した、1993年“ドーハの悲劇”の戦友・武田修宏が明かす。

 

「あの時期は、さすがにポイチ(森保監督の愛称)も落ち込んでいるんじゃないかと思ってね。メシに誘った後、三浦知良さんとラモス瑠偉さんに声をかけたら2人ともサプライズで駆け付けてくれたよ」

 

 W杯アジア最終予選で成績の振るわない森保ジャパンには監督解任論も渦巻いた。武田らドーハ組の激励を受けた森保はそこからチームを立て直し、W杯の出場切符を手にするのだった。

 野球少年だった森保がサッカーを始めたのは、小5の時。地元・長崎市の深堀中学校にはサッカー部がなく、隣町の中学校の部活に参加した。だが、森保はそこでスパイクを隠されるなどの“イジメ”に遭う。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる