週刊文春 電子版

吉田麻也 交通事故3回も“無傷伝説”と「浪人生兄の献身」

W杯日本代表の逆転人生

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

「情熱が続く限り、サッカーを続けたい」

 日本代表の主将・吉田麻也(34)はカタールに飛び立つ前、後援会の事務局長・松島伸一氏にそう語った。

「今大会で『ベルギーと決着をつけたい』とも言ってました。4年前に負けた後、実家に帰っていた吉田の足を見たら、スネから指先まで生傷と痣だらけ。スパイクでよく踏まれるんだな、痛そうだなと」(松島氏)

今大会で日本代表のキャプテンを務める吉田

 1988年、3人兄弟の末っ子として長崎市に生まれた吉田。

「小学生の頃はガキ大将で、バンドを組んでギターを弾いていた。高校生や大人に対しても物怖じせず、両親が習っていた社交ダンスにも付いていって普通に踊ってました」(吉田の友人)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる