週刊文春 電子版

六代目三遊亭円楽にお別れ 愛する寄席に見送られて

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 9月30日に72歳で死去した落語家の六代目三遊亭円楽。今月2日、東京都内のホテルで「お別れの会」が開かれ、約600人の参列者が集まり別れを惜しんだ。

 笑顔で高座に上がる遺影の下には、座布団が10枚。祭壇は「笑点」で着ていた色紋付きと同じ、トレードマークの紫色の花で彩られた。

 

 今回の会は故人が愛した寄席をイメージしたという。祭壇横のステージにはめくりが用意され、笑点メンバーをはじめ、多くの共演者らが出囃子と共に登壇。屏風を背に思い出話を披露していった。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる