週刊文春 電子版

西村康稔経産相「7人の秘書」が一斉に退職届

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「みんながいるから仕事ができる。どうかもう一度考え直してください」

 

 12月2日夕刻、衆議院第一議員会館6階の事務所で、居並ぶ秘書たちに深々と頭を下げたのは西村康稔経済産業大臣(60)である。

清和会では次の領袖の座を狙うが……

 小誌は、秘書が次々と西村氏のもとを去っていく事実を再三報じてきた。

 経済再生相時代の昨年2月には、役所から派遣された事務秘書官4人が相次ぎ交代。大臣退任後の昨秋から今年6月末までの間には、事務所の秘書7人が辞職。今年8月に経産相に就くと、政策秘書A氏を大臣秘書官に起用したものの僅か2カ月で交代。

「西村氏はワーカホリックで、思いつきのように、夜中の2時、3時までメールで指示を出すので秘書の気持ちが休まりません。昨年2月に文春で秘書官の150日連続勤務が報じられた後は午後6時半までに業務を終えることになりました。しかしその6時半の直前、西村氏は夜の会食に向かう途中の車から『これから会う人の資料、メールして』などと無茶な要求をしてくるのです」(自民党関係者)

 公私混同の仕事もある。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる