週刊文春 電子版

4000万不記載 薗浦議員が溺れた「銀座高級クラブの美女」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

「ずさんな処理が明らかになり、お詫びしたい」

 

 11月30日の会見で政治資金の“4000万不記載問題”に関し、そう謝罪した自民党の薗浦健太郎・衆院議員(50)。そんな彼がカネを使っていたのは……。

当選5回の薗浦氏

 薗浦氏は東大卒業後、読売新聞に入社。政治部や社長室広報部で勤務後、麻生太郎氏(現副総裁)の政策秘書を経て、05年衆院選で千葉5区から初当選した。

「麻生氏が『抜群の信頼。読売ではナベツネ(渡邉恒雄主筆)の社長室にいたんだぜ』と誇る最側近。安倍政権で首相補佐官などの要職を務め、現在は党の副幹事長です」(自民党関係者)

麻生氏は閣僚候補と期待する

 だが、2017年から21年にかけて政治資金パーティの収入を計4000万円ほど過少記載していたことが発覚。東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)の疑いで捜査中だ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる