週刊文春 電子版

15戦全敗 照強 「知られざる結婚」と「巡業サボリ疑惑写真」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ スポーツ

 11月27日、九州場所千秋楽。身長169cmの力士が尻もちをつくと、客席から大きなため息が漏れた。敗れた力士は幕内・照強(27)。この取組が注目を集めたのは、彼が15戦全敗で場所を終えたからだ。

 

「幕内力士が初日から15連敗したのは31年ぶりで史上5人目の珍記録。休場せず15日間土俵を務め続けたのは、ある意味立派ですが……」(相撲担当記者)

 阪神・淡路大震災が発生した1995年1月17日に淡路島で生まれた照強。伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)にスカウトされて15歳で入門し、2010年春場所で初土俵を踏んだ。

大量の塩を撒くパフォーマンスでも有名

 小兵ながら力強い押し相撲が特徴の人気者。

「お調子者でよく喋る。オンラインゲームやサッカー観戦が趣味。不調の原因はどうやら持病の糖尿病の悪化。場所前はろくに稽古もできなかったそう」(同前)

 そんなお喋りの照強が、秘密にしていることがある。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる