週刊文春 電子版

キンプリが見たジャニーズ“天国と地獄” 海外公演ゼロ、岸の舞台はDVD化されず

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

 12月1日午後、King & Prince(キンプリ)の永瀬廉は都内でドラマの撮影に臨んでいた。来年1月スタートの『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)である。

 最高気温10度と冷え込んだその日、永瀬は歩道橋の上で、曇り空を見上げるシーンを撮影していた。物憂げな表情は役に入り込んだものなのか。それとも――。

連ドラ撮影中の永瀬

 絶対的センターの平野紫耀、リーダーの岸優太、そして神宮寺勇太の3人がキンプリ脱退と、ジャニーズ事務所の退所を発表してから、1カ月余りが経った。

平野(事務所HPより)
岸(事務所HPより)
神宮寺(事務所HPより)

 12月4日、最新シングルの売り上げがミリオンを達成するなど、絶大な人気を誇っているキンプリ。人気絶頂のグループがなぜ崩壊したのか。ファンの間では今も疑念が残っている。それはキンプリが“干された”のではないかとの疑惑があるからだという。事実、そうしたファンの声は小誌にも多数寄せられている。

 デビューは華々しかった。18年1月、ジャニーズとユニバーサルミュージックが新レーベルを立ち上げ、その最初のアーティストとなることが発表された。2月には早くもファンクラブが発足、5月には原宿に期間限定でオリジナルグッズを販売する店舗もオープン。

 同月、満を持して発売されたシングル『シンデレラガール』は、初日に30万枚以上を売り上げた。そしてこの曲を主題歌にしたTBSドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』でメインキャストに抜擢されたのが平野だ。

「キンプリは当時のジャニー喜多川社長が最晩年に手掛けたグループ。その秘蔵っ子のために、ジャニー社長は強力なアシストもしている」(スポーツ紙記者)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる