週刊文春 電子版

無料公開中

「もう会わない」華原朋美が夫との離婚を認める 12月31日で事務所を退所へ

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 歌手の華原朋美が、これまで否定してきた夫・大野友洋氏との離婚を認め、大野氏が代表を務める所属事務所「伝元」を12月31日で辞めることがわかった。華原本人が「週刊文春」の取材に対し事実関係を認めた。

 華原が大野氏と結婚したのは2021年8月のこと。だが大野氏には彼女に伝えていない秘密があった。

元夫との“絶縁宣言”をした華原 ©時事通信社

 実は大野氏には過去に結婚歴があり、子どもも3人いる。さらに元妻に苛烈なDVを行っていた疑惑もあったのだ。これを小誌が今年5月11日発売号で報じると、華原は1週間後、大野氏と離婚する。ただ彼女は、その後もSNSに“夫”との写真をアップして、仲の良さをアピール。

 そして小誌記者に「(夫はこれまで)結婚したこともありません」「(離婚)してないです。してたら一緒にいないでしょうよ」などと言って、庇い続けてきた。だが――。

「華原さんは12月31日に伝元を辞める。『もう大野さんとは会わない』と話していました」(華原の知人)

 一体、2人の間に何があったのか。12月中旬、華原を直撃すると、重い口を開いた。

「事務所を辞めるのは事実です。12月31日に出演するイベントが最後です」

 そう言うと、彼女はこれまで自分の中で溜めてきたことを吐き出すように、大野氏との関係を語り出した。

「結婚前に借金や金銭トラブル、婚姻歴、子どもの有無などを聞いたんです。彼は全部『ノー』と答えました。婚姻届を提出する際に戸籍も見せて貰いましたが、まっさらで。それで本当なんだなと思い、入籍した。でも嘘でした」

ミリオンセラーを連発していた頃の華原

 今年5月の離婚の際は、弁護士を立てて交渉したという。

 そんな状況でもキスをしている写真や旅行に行った写真をSNSに載せるなど、夫婦のフリを続けた華原。それは、「俺は変わるから信じてくれ」と、何度も言われ、信じてしまったからだという。

「そんな、にゃんちゃんも大好きだし愛してるよ」という言葉と共にブログに投稿された写真(現在は削除済み)

不明瞭だった仕事のギャラ。明細を出すよう求めると…

 では、2人の関係が決定的に悪化した原因は何か。前出の知人が明かす。

「彼女はイベント、コンサートなど精力的にこなしていたがギャラが明らかに少なかった。そこで華原さんは明細を出すよう大野さんに求めた。でも金額と支払った日付、『TV』『イベント』などと書かれた紙を渡されただけでした」

大野氏から渡されたという明細書

 この知人の持つ明細を華原に見せると、「本物です」と認めた上で、こう語った。

「『私はこのステージに立って、幾らで歌っているんだろう』という疑問を抱えていました。Tシャツやパーカーなどのグッズも勝手に販売されていて、収益の分配があるかわかりません」

 業を煮やした彼女は、あるクライアントに伝元にいくら払っているのかと聞くと、198万円と答えた。しかし大野氏に確認すると「100万円だった」と言ったという。

 12月に入って大野氏には、仕事で2度会っただけだという彼女は、最後に元夫との“絶縁”を宣言した。

「お金は返して欲しいですが、彼とは二度と会いたくない。精神的に辛く、眠れない日が続いています。大野さんには伝元のホームページから私の名前を消していただき、もう私の名前を使わないで欲しい」(同前)

「伝元」HPに掲載されている華原のプロフィール

 大野氏に電話すると、相変わらず「離婚していない」と言い張り、こう答えた。

「まだ退社は決まっていない。(明細の件は)伝元は内訳を誰にも出したことがない。(ギャラを少なく伝えた件は)150万と伝えたのに、本人が100万と騒いでいる。グッズは赤字なので、収益を払いようがない」

 12月22日(木)発売の「週刊文春」では華原が語った結婚生活、「週刊文春」記事への想い、そして21日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」オリジナル記事では、華原が離婚の経緯を赤裸々に語ったロングインタビューを掲載している。

source : 週刊文春 2022年12月29日号

文春リークス
閉じる