傍聴席から「美人過ぎる…」吉羽美華 勝負服で無罪主張

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「詐欺師の渡部さんに騙され、利用されたこと、私が詐欺に加担したと誤解されていることは、誠に無念であり、お恥ずかしい限りであります」

 

 法廷でこう声を響かせたのは、大阪府寝屋川市議の吉羽美華被告(42)だ。

 独立行政法人福祉医療機構(WAM)のコロナ融資制度を悪用して約2億9000万円を詐取したとして今年8月に逮捕された吉羽。3件の詐欺罪で起訴された。

小誌記者は倍率2倍超の傍聴券に当選

 その初公判が12月20日午後1時半、福岡地裁第905号法廷で開かれた。開廷数分前、吉羽が入場すると、傍聴した記者の後ろにいた男性がこう漏らした。

「美人過ぎる……」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる