しまむら、ワールドも使う“協会繊維検査”で不正疑惑

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

「検査結果の“改ざん”が日常的に行われています」

 

 そう告発するのは、繊維製品の品質検査を行う公益財団法人・日本繊維検査協会(以下JFT)の現役職員Aさんだ。

 JFTは1976年に設立され、2011年に公益認定を受けた、役職員総数約70人の組織。綿・麻織物や合成繊維などの生地や、衣服、鞄、靴などの製品の品質を検査している。

「洗濯、摩擦などに対する色落ち具合や、布の頑丈さ、毛玉の出来具合など20以上の項目を目視や機械で検査します。繊維専門商社などから依頼を受け、生地と製品の両段階で検査。商社は合格した品をしまむらなどの量販店やビームス、ワールドなどのアパレル店に卸している」(経済記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる