2000句以上ご応募いただいた前回(8月18・25日号)を上回る2670句のなかから、俳人の池田澄子さんに30句を選りすぐってもらいました。

 

 前回に続き今回も、「今まで出会ったことがない」と感じた句を中心に選びました。「こんな句は私には書けないなぁ」と尊敬したり、「やられちゃったなぁ」と悔しがったりしながら、特選、佳作、入選を決めて並べました。

《特選》

寒晴や青を薄めるテレピン油
(宮城県 末永真唯 57歳)

 テレピン油とは油絵具を溶かす画用液なのだそうですね。そのテレピン油で青を薄めているということは、きっとこれから真っさらなキャンバスに空を描くのでしょう。空の青さの表現は一切ない。それなのに、きっと空が青くて綺麗なんだろうなぁと思わせる。清々しくて美しい、カラッとした冬の空が見えてきます。こういう書き方はなかなかできないですよ。

開戦日倒木の根に絡まる根
(東京都 丹下京子 55歳)

 開戦日は、昭和16年(1941年)12月8日に日本がハワイの真珠湾に奇襲攻撃をして、太平洋戦争が始まった日ですね。

 切り株なら根っこは地中に埋まっているけれど、倒木だから根っこがあらわになっている。その姿が感じさせる無残。さらにそこに根っこが絡まっていて、怨念のようなもの、開戦日への悔しさのようなものも伝わってきます。とても良い句だなぁ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号