「一つ結果が出てよかったなと。ちょっとホッとしています」

 マスク越しに安堵の表情を浮かべるのは羽生善治九段(52)。1月21日、22日に行われた第72期王将戦七番勝負の第二局で若き“絶対王者”藤井聡太王将(20)に快勝したのだ。

 第一局は藤井の正確無比な指し回しに敗北したが、先手番となった第二局は終始リードを保ち、猛追を退けてゴールに飛び込んだ。

 “藤井一強”の時代を迎えた将棋界。その強さはデータを見ても明らかだ。

「羽生九段が過去3度達成した年度勝率8割という大記録を、藤井王将は5年連続でキープしており、今年度、先手番では21連勝中。現在五冠のタイトルを奪われたことはなく、七番勝負では7回戦って25勝5敗と圧勝しています」(将棋ライターの松本博文氏)

王将のほか竜王、王位、叡王、棋聖を保持

 そんな藤井に羽生はどう立ち向かったのか。藤井の師匠でもある杉本昌隆八段は、羽生が中盤に繰り出した一手に驚愕したという。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年2月2日号