第65回ブルーリボン賞の主演女優賞に映画「PLAN 75」で輝いた倍賞千恵子。史上最年長となる81歳での受賞に「びっくりしました。私って、そんな歳なんだって」とジョークを交えて喜びを語った。

ウォーキングとストレッチが日課だという

「75歳から生死が選択できる近未来を描いた映画で、倍賞は人生に絶望した女性の心情を繊細な演技で表現している」(映画記者)

 東京生まれの倍賞は5人きょうだいの2番目で、小5からは北区滝野川の電話もテレビも無い長屋で育つ。児童合唱団から13歳で歌手デビューした後、都電の運転士だった父の薦めで松竹音楽舞踊学校に入学。首席で卒業し松竹歌劇団(SKD)に入団した直後、松竹が女優にスカウトした。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月9日号