岸田派政務官 選挙違反疑惑の証拠文書入手

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

〈本年3月に行われます石川県議会議員選挙に於いて、中能登町選挙区は、土本みのる中能登町議会議員を最適任者と認め公認し、強力に推薦いたします〉

 

 そう記された文書の送り主は、〈自由民主党石川県第3選挙区支部長 衆議院議員 西田昭二〉。岸田派の国交大臣政務官(53)だ。

復興大臣政務官も兼務している

 西田氏は市議、県議を経て、2017年の衆院選で石川3区から初当選を果たした。現在2期目だ。

「21年の衆院選では、岸田文雄首相が石川県入りした際に『今や私の側近として活躍』と持ち上げていた。西田氏は中高大と相撲部に所属。公家集団の岸田派にあって、“叩き上げ”の議員です」(政治部記者)

20年の総裁選では推薦人に名を連ねた

 そんな“岸田側近”の西田氏が2月上旬に地元住民に対し、送付したのが冒頭の文書だ。西田氏が〈強力に推薦〉する土本氏は、3月31日告示の石川県議選に鹿島郡選挙区(定数一=中能登町)から出馬の意向を表明している。前回は大激戦で、僅か26票差で野党が議席を奪取。保守王国の石川県で、自民党が議席を獲得できなかった唯一の選挙区となった。

「それゆえ、地元の代議士である西田氏も力が入っているのです」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる