国立病院「看護崩壊」138人の告発「家族は絶対入院させない」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 医療

「とにかく看護師の数が足りない。大きな医療事故につながりかねなかった場面がいくつもあり、いつか患者を殺してしまうと思う」

 

「患者さんが生きているかどうか確認するだけのような日々。こんな看護がしたかったわけじゃないと、転職していく同僚も多い」

 

 そう悲鳴を上げるのは、国立病院機構に属する病院の看護師たちだ。

約690床の病床を有する東京医療センター

 小誌は3週にわたり、独立行政法人国立病院機構(NHO)の看護師の労働基準法に違反する“ブラック労働”や大量退職が相次ぐ実態について報じてきた。

 だが、現在も情報提供窓口「文春リークス」へのNHOの看護師の告発は止まらず、2月27日時点でその数は138人に上る。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫