「卒業を控えた今年度の6年生のうち、半数が留年という“異常事態”です。さらに、多くの学生がアカハラを訴えています」

 

 こう告発するのは、私立鶴見大学の歯学部に所属する学生Aさんだ。

 曹洞宗の大本山・総持寺が母体の学校法人「総持学園」が運営する鶴見大。1970年設置の歯学部は多くの歯科医師を輩出してきた。2022年度は6学年478人が在籍中だ。

 そんな鶴見大歯学部で、ある問題が指摘されている。

「留年率が異常に高いのです」(同前)

 今年度は1月17日までに卒業試験を3回実施。20日に合格者が発表された。ところが――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月16日号