17歳が失踪 壱岐島“離島留学”里親の虐待疑惑

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 教育

「彼はソフトテニス部に入っていて、以前は部活中に明るい笑顔を見せていた。それが最近、暗い表情で俯きながら歩いていたんです」

 

 そう語るのは長崎県立壱岐高校2年生・椎名隼都(はやと)君(17)の友人だ。

島内に貼られた看板。椎名君の身長は175cmで痩せ型

 長崎県の壱岐島(いきのしま)は九州北部の玄界灘沖に位置する離島で、福岡市の博多港から高速船で約1時間、長崎空港から飛行機で約30分の距離にある。南北約17km、東西約15kmの島には約2万5000人が住んでいる。

 椎名君は中2の時からこの島で生活していた。

「彼は茨城県出身で、壱岐市の離島留学制度で来島。“里親”であるAさん宅にホームステイしながら高校に通っていた。あまり感情を表に出すタイプではなく、大人しくて心優しい子。ソフトテニス部の先輩が部を引退する時には泣いていたそうです」(前出・友人)

 椎名君の留学生活は5年目に差し掛かろうとしていた。その矢先――。

「大雨が降っていた3月1日、忽然と姿を消してしまったのです」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月23日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる