週刊文春 電子版

安藤サクラ 夫の柄本佑が初めて付き合った人

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 3月12日に最終回が放送されたドラマ「ブラッシュアップライフ」で民放連ドラ初主演を務めたのは、女優の安藤サクラ(37)。10日には日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を獲得した彼女の原点とは――。

 

 ドラマ関係者が語る。

「アットホームな雰囲気で2月のサクラさんの誕生日には、染谷(将太)さんがブーケを渡し、バースデーソングも歌うなど、スタッフでお祝いしました」

 1986年、俳優・奥田瑛二とエッセイスト・安藤和津の次女として生まれた。姉は映画監督の安藤桃子。

父の奥田瑛二
母の安藤和津

「5歳の頃、瑛二さんが出演する舞台『幕末太陽伝』を見て『これ(俳優)になりたい』と。小学校の学芸会で主役を務めた際には、瑛二さんが演技指導をした。熱が入り過ぎた瑛二さんが『学芸会みたいな芝居してんじゃねえ』と怒鳴ったことも(笑)」(芸能記者)

 学習院女子中等科時代の99年には父の愛人だった18歳のモデルが『週刊現代』で関係を告白。それがきっかけでいじめを受けた。

「ショックを受けて学校を休みがちになり、頭の側面を刈り上げて剃り込みを入れるなど、荒れた生活を送るようになっていきました。見かねた母和津さんが、初めてサクラさんの頬を叩いて叱ったそうです」(同前)

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2023年3月23日号

文春リークス
閉じる