遂に山が動いた。カウアン・オカモト氏の会見には100名近い報道陣が集まり、日本メディアも次々報じた。だがジャニーズ事務所は判で押したように同じ回答を繰り返すだけ。なぜ誰も空前の性加害を止められなかったのか。

 

▶重要証言 ジュニアが逃げないようにスタッフが…

▶98年から役員 ジュリー社長 本当に知らなかった?

――大手メディアが報じていたら、選択は変わったと思いますか? ジャニーズに入所することをためらったであるとか。

「当時取り上げられていたら大問題になるはずなので、親も行かせないと思いますし、未成年なので、僕の判断だけで行けないですし、なかったんじゃないかと」

会見には大勢が詰めかけた

 4月12日、丸の内の日本外国特派員協会(FCCJ)で、ある会見が開かれた。出席したのは元ジャニーズJr.のカウアン・オカモト氏。彼は4月6日発売の『週刊文春』で、事務所創業者の故・ジャニー喜多川氏による性加害について、自身の体験を生々しく証言。その翌週、海外メディアだけでなく、朝日新聞、NHKなどの国内メディアも含め、計100人近い取材陣が集まる会見に臨んだのだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年4月27日号