国立病院機構 看護師のブラック労働に改善ナシ

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 働き方

「昨年度から13人減り、4人しか補充されなかった病棟もある。今は看護師1人で10人ほどの患者を受け持ち、本来は事務に専念するはずの看護師長も病床整備や搬送を手伝っている有り様です。4月以降に過労で体調を崩し、すでに休職した人すらいる」(東京医療センター看護師)

 小誌が今年2〜3月、5週にわたって報じた、独立行政法人国立病院機構(NHO)の病院における看護師の大量退職問題。難病や急性期の医療など地域の重要拠点である全国のNHO病院で、サービス残業や妊婦の看護師への夜勤強要などの「ブラック労働」が横行する実態を明らかにした。

NHOの楠岡理事長

 新年度を迎え、現場に変化はあったのだろうか。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年5月4日・11日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる