「認知を拒否された」岸田最側近 木原誠二官房副長官“愛人の告白音声”〈動画あり〉

「週刊文春」編集部

SCOOP!

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 シングルマザー愛人との不倫・隠し子報道を「病気の女性を仲間みんなで支えている」と岸田首相に報告し、“美談”にした木原誠二官房副長官。だが、愛人はその悲痛な胸の内を吐露していた。

 彼女の忍耐は限界を迎えていた。

 愛した男は、権謀術数が渦巻く政界を勝ち抜き、絶対的な権力を握った。だがそれゆえに、表沙汰になるはずではなかった自分たち母娘の存在も、世間の知るところとなった。

 加えて、自身に大きな病が見つかった。まだ幼い愛娘の将来を思うと、居ても立ってもいられなかった。

 自分たちの存在を認めてほしい。我が子を認知してほしい。なぜ、妊娠がわかったときに認知してくれなかったのか――。そんな切実な心境が、思わず口を衝いて出た。

「出生認知も胎児認知っていうのがあるんですよね。お腹にいる間に認知すると戸籍に載らないんですよ。胎児認知をとりあえずしてって、そこからまず始まって、それを拒否して……」

 これは、木原誠二官房副長官(53)の“愛人女性”が赤裸々に思いを吐露した音声の一部である。

内閣官房副長官を務める木原氏

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春 2023年6月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫