〈ドキュメント〉こうして「週刊現代の天皇」と呼ばれた鈴木章一・講談社常務は辞表を出した

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ビジネス 企業 働き方

「“週刊現代の天皇”が辞表を提出した」

 

 6月20日から、そんな噂が出版業界を駆け巡った。講談社の常務取締役、鈴木章一氏(61)が辞表を提出し、社を去ることが決まったというのだ。売上高1700億円を誇る巨大出版社の常務として君臨してきた鈴木氏に一体何があったのか。

週刊現代

 鈴木氏は2001~2004年と2009~2012年に週刊現代を率いた名物編集長。2002年(下半期)には週刊誌の実売部数第1位に輝くなどの実績を誇り、編集長退任後も現場への影響力を持ち続けていた。講談社若手社員のA氏が言う。

「役員になってからも編集長を上から操っているという意味で、社内では週刊現代の『上皇』、『法皇』と呼ぶ人もいました。水曜締め切りなのに、火曜日の夕方になって彼の思い付きで企画がひっくり返ることもあった。創業家の野間省伸社長、故金丸信元副総理の親戚の金丸徳雄副社長に次ぐ社内ナンバー3の実力者です」

鈴木章一氏(会社のHPより)

 講談社では「野間家」以外の人間が社長に就くことはあり得ないが、鈴木氏は現状のさらに上、副社長になる可能性も取り沙汰される辣腕常務だった。歯車が狂い始めたのは、今年5月。6月1日発令の人事異動をめぐって社内は大混乱に陥った。

「部数が低迷する週刊現代の業績回復を目指した鈴木氏は『バック・トゥ・ザ・ペーパー』の掛け声のもと、社内の精鋭を紙の週刊現代に結集させたのです。『フライデーデジタル』の編集長を就任4カ月で呼び戻すなどかなり強引なことをやった。極めつけが石井克尚編集長の再登板でした」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる