6月23日、民間軍事会社「ワグネル」のエフゲニー・プリゴジン氏による反乱が起こった。戦争がウクライナ側有利に傾くとの観測もあったが、事態は1日で収束。現時点で戦局に大きな変化はない。

反乱の後、全国行脚を繰り返すプーチン大統領

 ウクライナによる「反転攻勢」は6月4日に開始された。約1カ月を経て、奪還できた領土は130平方キロ。クリミア半島を含むロシア軍占領地は全土の約20%に当たる12万平方キロだから、0.1%にすぎない。すぐにでもメリトポリなど大都市を奪還する、との憶測もあったが、果たされていない。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月13日号