米国債が格下げになった|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第582回

池上 彰
ニュース 社会 国際

 アメリカの民主党と共和党の対立による混乱は、米国債の格下げという事態になってしまいました。大手の格付け会社のフィッチ・レーティングスが、今月1日、米国債の格付けを最上位の「AAA(トリプルA)」から1段階下げて「AA(ダブルA)プラス」にしたのです。世界で最も信用度の高いアメリカの国債の格付けが下がったというニュースを受け、日本国内で株価が一時暴落してしまいました。これは何を意味しているのでしょうか。

 まずは「格付け会社」とは何か。企業は資金を集めるために社債を発行することがあります。その際、たとえば「5年満期で金利〇パーセント」という条件をつけます。要はお金を借りるのですね。でも、社債を買う側にしてみれば、満期になったときにちゃんとお金が返ってくるか不安になります。そこで社債を発行する企業は、第三者の格付け会社に手数料を払って格付けをしてもらいます。それが「AAA」などの格付けです。

 格付けが高ければ、満期にお金が返ってくる可能性が高く、リスクが低いので低い金利で社債を発行できます。買う側もリスクが低いので安心して購入できます。

 一方、たとえば格付けが「BBマイナス」などになると、お金が戻ってこないリスクが「AAA」よりは高まりますので、高い金利を保証しないと社債は売れません。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年8月31日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる