ロシアのプーチン大統領に重用されたエフゲニー・プリゴジンなる男の反逆劇と転落劇は、日本人である僕らにも、とても衝撃的なものがあった。もともと“大統領の料理人”として政府や軍へのケータリング事業で頭角を現したプリゴジンは、2014年に本業とは全く無関係な傭兵組織ワグネルを創設して、政府の軍事行動の下請けに手を染める。強面で傲岸不遜の武闘派として知られた彼は、昨年からのウクライナ侵攻では自らも前線に赴き、弾薬補給の遅れなどを理由に軍上層部を公然と批判するなどして話題を集めた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月12日号