田原俊彦のマネジャーが性被害初告白「16歳にブランデーを口移しで…」《ジャニー喜多川氏性加害問題》

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 芸能

 10月17日、「ジャニーズ」の名が消えた。タレントが右往左往する一方で、ジャニー氏の“大罪”は全容解明されないままだ。デビューし、裏方もつとめた男が、ジャニー氏による未成年への飲酒・喫煙の強要を告発する。

 

▶︎キムタク テレ朝新ドラマが天海祐希主演作に差し替え

▶︎「まだ決められない」櫻井翔が再契約を渋る訳

「今日は、僕ちゃんはどこに寝ようかな〜」

 40代のジャニー喜多川氏は枕を抱えて雑魚寝部屋に入ってくると、ジュニアたちの中からターゲットを選ぶ。しばらくすると、暗闇に「痛い、痛い……」と、か細い声が響いた。

ジャニー氏

「救えないですよ。僕も逃げてるわけだから……」

 “誰よりもジャニーズを知る男”は異常な状況をそう振り返った。

 当時から約50年が経った10月17日、ジャニーズ事務所はその看板を下ろし、「SMILE-UP.」としてジャニー氏の被害者に対する補償をするための会社になる。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月26日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫