「読売新聞」販売店所長が連れ子トラブルで逮捕された

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 働き方

 神奈川県内の読売新聞販売店従業員が声を潜める。

 

「この9月末、所長と連絡が取れなくなって、心配して行方を捜したんです。そしたら、どうも“ワイセツ事件”で逮捕されているようだと。ですが、この事件は読売新聞はじめ各紙に全く掲載されていないのです」

 名指しされたのは、横浜市内で新聞販売店「読売センター」(YC)の某店舗を経営する所長のA氏。現在、40代後半で、異色の経歴の持ち主だ。ネットメディアに掲載された本人のインタビューによれば、音大を卒業後、オーケストラ入団を志し、フリーで活動を続けたという。

神奈川県内の販売店

 だが、音楽家になる夢は叶わず。20代半ばで一念発起、住み込みの新聞配達員として人生を再スタートさせた。そして約10年前、38歳で独立を果たしている。人を育てるのが好きな熱血漢タイプの所長として知られた。

 A氏と交流があった元同僚が振り返る。

「確かに、面倒見がよくて、悪い評判を聞かない人でした。学生時代に音楽をやっていただけあって、歌が抜群に上手かった。一緒に女の子のいる店に行くと、よくミスチルの歌を熱唱していましたね。絶対音感があると言っていました」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月26日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる