《創価学会名誉会長》池田大作 “怪物” の正体

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

 その死は、一時代の終わりを告げていた。11月18日に公表された創価学会名誉会長・池田大作氏の死去。創価学会を国内の公称会員数827万世帯という巨大宗教団体に育てあげた“怪物”。その正体とは果たして。

 

▶︎「空白の13年」香峯子夫人が明かしていた夫の晩年
▶︎学会幹部が集まり「71年前の結婚㊙写真」独占入手
▶︎「大風呂敷」「社員旅行に嫉妬」初恋人が小誌に告白
▶︎年収5億、1.7億金庫事件、愛人ドロ沼裁判 カネと女
▶︎「大臣は学会員の部下だから」政教分離のまやかし
▶︎公明票への影響 マイナス200万票の衝撃
▶︎言論弾圧、四月会、後藤組組長は「池田に使われた」

 11月20日朝。首都圏にある簡素な一軒家の玄関から、白髪の高齢女性が姿を現した。記者が声をかけると、一瞥しただけで、言葉は返ってこない。

 13年前の秋、同じように見知らぬ記者から声をかけられた彼女は、兄を「先生」と呼び、「もう別世界の人でございます。眩いばかりで」と静かに微笑んだ。妹が敬愛してやまない兄は、その年の11月以降、ほぼ公の場に姿を見せなくなっていた。

 今年11月15日の夜。創価学会名誉会長の池田大作が、東京都内の自宅で息を引き取った。享年95。老衰だった。近親者のみでひっそりと家族葬が営まれた。現世では別世界の人となった「先生」とは、別れの時だけでも兄と妹に戻ることができたのだろうか――。

 

 国内会員は2022年時点で公称827万世帯。創価学会を国内屈指の巨大宗教団体に膨れ上がらせたのが池田だった。教団を支持母体とした公明党を設立し、国政にも影響力を保持し続けた。

 権勢を恣にし、幾多の事件やスキャンダルで世を賑わせながら、95年の生涯を終えた“怪物”。その実像に迫った。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年11月30日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる