《東芝次期トップ人事の内幕》あだ名は“リストラ大魔王”三菱自動車前副社長・池谷光司氏が内々定 本人は直撃に「時期が来たらお話ししますので…」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ビジネス 企業 テクノロジー

「あの、ちょっとお話しする内容ではもちろんないのですが……」

 

 小誌の取材に、困惑気味に語るのは、日本産業パートナーズ(JIP)幹部で三菱自動車前副社長兼CFOの池谷(いけや)光司氏(66)。彼に単調直入に尋ねたのは――。

東芝の看板 ©時事通信社

JIPの社長は興銀出身のビッグマウス

 2015年の不正会計発覚から8年、東芝の経営は混乱と迷走を繰り返してきた。

「2016年に米原発子会社ウェスチングハウスの巨額損失が発覚し、債務超過に転落。2017年には、2期連続の債務超過危機に追い込まれ、それを回避するためにアクティビスト(物言う株主)による約6000億円の増資を受け入れました。ところが、株主総会では取締役会議長の人事案や経営再建に向けた会社分割案が否決されるなど、アクティビストに翻弄され続けたのです。医療機器や半導体メモリーなど主力事業も相次いで売却し、売上高は8年間で半減しました」(経済部記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる